本・ドラマ・映画

【韓流ドラマ】ソン・イェジン主演!よくおごってくれるお姉さんから学ぶ韓国語! (ドラマフレーズ付き)

先日「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」(原題:밥 잘 사주는예쁜누나) を観ました

初めてU-NEXTでタイトル見た時ちょっとびっくりしましたね

タイトルが斬新すぎて。

まぁ韓国語を勉強してる人にとっては、そんなに難しくないし、結構ハマりますのでオススメです


「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」のあらすじ

あらすじ
35歳のジナ(ソン・イェジン)は親には結婚を急かされ、職場でのセクハラや浮気した彼氏との破局など、息が詰まるような毎日を送っていた。そんなある日、大親友のギョンソン(チャン・ソヨン)の弟で、自分の弟スンホ(ウィ・ハジュン)の親友でもあるジュニ(チョン・へイン)が海外赴任から帰ってくる。3年ぶりに再会したジナとジュニは、会社が同じビルと言うこともあり、一緒にランチをしたり、飲みに行って他愛もない会話を重ねていった。そうして多くの時間を共有するうちに、いつしか2人は恋人関係に。しかし、互いの家族の目は厳しかった。ジナの母親はジュニの家柄や歳の差を理由に交際に大反対。ギョンソンとの関係もギクシャクし…。

引用:https://www.bs-tvtokyo.co.jp/kireinanuna/intro/

簡単にまとめると、

年上女性(ジナ)×年上男子(ジュニ)の恋愛。 だた、ちょっとややこしいのは二人は小さい頃から一緒に育ってきた家族みたいな関係ってところ。

個人的には大したことないけどね

一応予告貼っておきます

相関図がシンプル

引用:https://www.bs-tvtokyo.co.jp/kireinanuna/chart/

相関図が超シンプル

ジナの家族がいて、ジュニとその姉貴がメイン。途中までジナの元カレのギュミンがサイコパスになって、事を荒立ててくれる(笑)

言動が異常すぎてもはやウケる

まぁ、厳密に言うとジナの会社のメンバーも何人か出てくるけど、たぶんメインストーリーとは関係ないので、割愛しちゃいますっ

個人的な見どころ

自由過ぎるジナとジュニ

終始これ

自由過ぎる二人の行動はざっとこんな感じです

<ジナの自由過ぎる行動>

  • 勝手にジュニの会社に乗り込む
  • ジュニの友達の家にも勝手に乗り込んで、ジュニに説教
  • 彼氏に内緒で引っ越す
  • 彼氏に内緒でお見合い(お母さんに行くように言われて)

<ジュニの自由過ぎる行動>

  • 勝手にジナの会社に乗り込む
  • ジナを会社に連れ込む
  • ジナのために1週間だけの中国出張を断る(断ってクビならそれでもいいと上司に宣言する)
  • なのに、状況が変わったら早めにアメリカ支店に異動させてほしいと上司に伝える(1回、クビ覚悟で中国出張断ってるよね?)

ジナとジュニはマジでラブラブで・・・周りが二人の恋愛に振り回されている感じも結構面白い

韓流ドラマ!って感じ

「ザ・韓流ドラマ」が好きな人は結構ハマるかもしれません

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」から学ぶ韓国語【ドラマフレーズ】

結構日常会話で使うフレーズを抜粋しました

한 잔 할래?

意味:一杯やる?

日本でも「一杯やる?」って普通に会話でも聞くと思いますが、韓国でも結構使いますね

말도 안돼.

意味:ありえない

直訳すると「言葉もならない」的な感じでしょうが、これはこのまま丸暗記しちゃってください

신경 안써.

意味:気にしないよ

「신경」は「神経」のこと。要は「神経を使わないよ=気にしないよ」っていう感じです

선보다

意味:お見合い

「선=先」で「보다=見る」。
つまり「先を見る」⇒「先の結婚相手を射見る」⇒「お見合い」っていうイメージ。韓国ではよく聞く表現ですね

おまけ:U-NEXTについて

かなり動画配信サービスがあるので僕が愛用している【U-NEXT】のメリットとデメリットだけ紹介します

メリット

  • 31日間無料トライアルで楽しめる
  • 毎月U-NEXTポイントが1,200円分もらえちゃう
  • 見放題作品20万本以上、レンタル作品2万本以上とコンテンツが超豊富
  • さらに雑誌も80誌以上読み放題
  • 韓国ドラマが他より充実してる気がする
  • 動画をダウンロードして出先でも視聴可(しかし、一部不可能)
  • 画質がマジきれい

デメリット

  • 費用がちょっと高いかも(月額1,990円(税別))
  • 新作はレンタル必須
  • 毎月貰えるU-NEXTポイントは90日間で消えちゃう
  • ダウンロードした作品は最長で48時間以内に見なければいけない
  • (作品によって異なる)

ということで、よかったらぜひ!

以上っ

最後まで読んでいただきありがとうございました